中国4000年の歴史?(2)

前回の記事で「中国4000年なんてウソだ!」って書きました。
今回はそれをもうちょっと掘り下げます。

辛亥革命以前の王朝は清ですね。
これは旧満州の女真族の建てた王朝です。
その前の明は漢民族です。
辛亥革命の合い言葉は「滅満興漢」でした。
「漢民族国家の再建、女真族からの独立」だったんですね。
辛亥革命は独立運動です。

明の前は元でモンゴル族の王朝です。

こうやって「中国」は異民族による制服王朝の繰り返しだったわけです。

戦前は中国と言わずに支那と呼んでいました。
支那とは「漢民族とその土地・文化等に用いられる、
王朝や政権の変遷を超えた国号としても使用可能な
通時的な呼称(Wikipedia:支那)。」 です。
ここでは戦前にならって支那とよびます。

中国という国は辛亥革命以降ですが、
漢民族はずっと中原に住んでいました。
中原とは「中華文化の発祥地である黄河中下流域にある平原のこと
(Wikipedia:中原」です。
異民族による征服の繰り返しで、
中原では民族の混交が進み、純粋な漢民族に近い末裔は、
支那の南方に多い客家だとも言われています。
まあ、これはどうでもいい話ですが。

で、中国という概念にもどります。

中国が主張している領土は、清代の最大国土領域です。
それは冊封国の領域も含まれています。
冊封(さくほう)とは、「中国王朝の皇帝が
その周辺諸国の君主と「名目的」な君臣関係を結ぶこと(Wikipedia:冊
封)」です。実質的な属国といっていいでしょう。

いわゆる中国少数民族の故国は、
もともと冊封国だったところが多いんですね。
中国は、少数民族の故国の侵略・植民地化を正当化するために、
中国という概念を作り上げたのです。
中国=中原の漢民族多数派地域、
チベット族は、チベット、ウイグル族は東トルキスタン・・・
という具合に辛亥革命以降、ちゃんと国家分裂して
お互いに認め合えばよかったんですが、
漢族は他の民族を、侵略・植民地化したのです。


だから中国人という概念も、侵略・植民地化を正当化
する概念として作り出されました。
中国人という人種がいて、その下に、
漢族・ウイグル族・モンゴル族・チベット族・・・・
という民族に分かれるみたいな考えを作り出したんですね。
上手いものです。

ん?これがなんで「治療の裏ネタ」と関係があるかだって?

支那の歴史を考えるにあたって、外せない観点なんですよ。
特に日本人は東京裁判史観をさらに拡大させた、
支那共産党のニセ歴史観に洗脳されていますから、
そういった洗脳を解かないと、支那の真の歴史が見えてこないんですよ。

「中国医学の歴史」も「中医の流派の歴史」もその上にあるんですから、
これを知らずして中医の歴史を考えると、思わぬ落とし穴に落ちてしまって、
知らず知らずのうちに支那共産党の手先になるってことです。
私だってこういう洗脳から溶けたのは最近のことです。

中国医学の、あるいはその流派の歴史は別に取り上げましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. 中国人の中医鍼灸師
    ある中国人鍼灸師のサイトをみていてぶったまげました。 鍼って24時間しか持たない...
  2. 中国4000年の歴史?(2)
    前回の記事で「中国4000年なんてウソだ!」って書きました。 今回はそれをもうち...
  3. 中国4000年の歴史?(1)
    中国の歴史本を読んだり、中国人と歴史の話をすると 中国は4000年の歴史! なん...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/14

コメントする