不妊専門鍼灸?(1)

ネットで鍼灸院を検索していると、
不妊専門をうたっているところがある。

不妊が別のものに変わっていてもいい。

××専門ってなんや?

ってのが、今回の話。

肩こり・腰痛・外傷の後遺症なんかの
整形外科系の治療なんてのは、
自費の鍼灸院ならできて当たり前だ。
だから、そういう疾患名を前面に出しても
他院との差別化はあまりできない。

広告用のキャッチフレーズとしては弱いということだ。

ということで、専門分野。
不妊を押し出すところは多い。

でもねぇ、鍼灸の治療技術そのものを考えると、
西洋医学のように、人間の生理状態を選択的に(意識的に)
コントロールすることはできない。

たとえば、意図的に卵子の発育を促したり、
子宮内膜を厚くしたり、××ホルモンの分泌を
促したりはできない。

できるのは、冷えを改善したり、子宮の緊張や熱を
とってやったり、気分をすっきりさせたりするだけだ。

いわば、体を中国医学的な生理学・病因・病理学から、
アプローチできるだけだ。
専門的には臓腑経絡の状態を調えるとでも言ったらいいだろう。
それは西洋医学の不妊治療よりもっとメタな
レベルからのコントロールだな。

不妊の特別な治療といえば、女性の生理周期を
調える治療くらいなものだ。
これとて、別に不妊に限定しているのではなく、
生理周期は女性の健康のバロメーターなんで、
生理がある女性の治療なら、
かならず考慮に入れる治療だ。

専門書を読んでいると、不妊に関係する
記述がたくさん出てくるが、よく分析してみると、
結局は臓腑経絡を調えるところにいきついていることがわかる。
書物では、それを不妊にまつわるいろんな
症状と結びつけているだけだ。

ということは、不妊治療といっても
「不妊専用の特別な治療があるわけではない」
というのが、鍼灸の不妊治療の「裏ネタその1」。

>>不妊専門鍼灸?(2)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. 不妊治療の効果・成績の上げ方
    先日、友人の産婦人科医と雑談をしていました。 不妊専門クリニックの 治療の成績が...
  2. ダイエットと月経不順・不育症
    バナナ・ダイエット、リンゴ・ダイエット、ヨーグルト・ダイエット・・・ なんてのが...
  3. 逆子のお灸、のぼせ・熱がこもる人は要注意
    逆子のお灸で来られる方がたくさんいらっしゃいます。 技術的には比較的簡単な施術に...
  4. 卵管閉塞なのに鍼灸で自然妊娠
    当院には不妊の患者さんが結構来られます。 診察で、ドクターから 卵管が完全閉塞し...
  5. 午後になると悪阻(つわり)がひどくなる(下)
    午後になると悪阻(つわり)がひどくなる(上)のつづき。 実際このような方に、逆気...
  6. 午後になると悪阻(つわり)がひどくなる(上)
    午後になると悪阻(つわり)がひどくなる・・・ と訴えて来られる患者さんが、ときど...
  7. 妊婦さんの喉のつまり
    妊婦さんで、原因不明の喉のつまり感を感じられる方がいらっしゃいます。 いわゆる梅...
  8. 不妊鍼灸 子宮内膜が薄い
    子宮内膜が薄いって言われました・・・ 不妊治療に来られて、そうおっしゃる方が結構...
  9. 安産灸には、なぜ三陰交なの?
    中国医学の医書を読みますと、 妊娠中のトラブルや体調管理について いろんな対処法...
  10. 鍼灸の不妊治療はどれぐらいの期間がかかりますか?
    不妊治療は何回くらい治療が必要ですか? 不妊治療はどれぐらいの期間がかかります...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/23

コメントする