乳幼児の中耳炎・嘔吐の小児鍼

近所の一歳半の乳児が
相談に来られた。

なんでも中耳炎が治らないので
なんとかならないかという。

お母さんにお聞きすると、
中耳炎が治ったり、再発したりで
毎週のように病院通い。
最近は病院に行くのもぐずるという。
おまえに食が細くて、
食べても吐くことも多い。
特に固いものがだめだという
少し便秘気味で、排便痛もちょくちょくあるとのこと。
だからからだも標準より小さめだ。

診察すると疳虫がきつくて
首から肩胛骨の間にかけての
筋肉が非常に凝った状態で、
乳児なのに頭蓋骨の動きが悪い。
おまけにお腹が冷えて、動きが低下している。

疳虫の逆気で首から肩の筋肉が凝ったため、
頭部へ行く血流が少なくなり耳管が
詰まりやすくなっていたようだ。

また、食べたものをよく吐くのは、
逆気に加えて、
腹部の冷えによる胃腸の働きの低下が原因。

大師流小児鍼

そこで首から肩胛骨の間の筋肉を小児鍼でゆるめてやり、
乳児の便秘マッサージを行う。
最後に、頭蓋骨の動きを少し改善させ終了。
施術時間10分強くらいか?

お腹を温める治療もしたかったが、
これは次回以降だ。

お母さんに、10円玉を使った小児鍼と
乳児の便秘マッサージ、そして食生活の指導。
しばらくそれでやってみて、様子を見てから
また来院してもらうように伝え、
帰っていただいた。

その後、どうなったが気になっていたが、
人づてに、中耳炎が治ったという。

お腹を温める治療も必要だから、
様子をみて来て頂くよう伝えて欲しいと
その方にお願いしておいた。

1回の治療で治ったのは私もびっくりした。
お母さんが治療に積極的で、私の指導を
よく守ってくれたからだろう。

まあ、胃腸が丈夫になって
食が太くならなければ、再発する可能性は大
なので、もうちょっと経過観察しないといけないだろう。

なにはともあれ、乳幼児の患者さんは、
治療させてもらえるようになるまでがまず第一難関。

治療させてもらえたら結構変化が早くて面白いものだ。

わかりやすい小児鍼の実際

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. 赤ちゃんのお母さん・お父さんのためのお勧め本
    なにかお勧め育児書ありますか? 子供を持たれた親御さんから、 こんな質問をよくう...
  2. おっぱいを飲んでも身につかない赤ちゃん
    当院で一年半にわたる不妊治療の末、 無事出産された女性が5ヶ月の子供さんを 連れ...
  3. コロコロ小児鍼が効かない?!
    先日、小児鍼に来られたお母さんの訴え。 子供のカン虫が強いので、鍼灸接骨院に行っ...
  4. 乳幼児の中耳炎・嘔吐の小児鍼
    近所の一歳半の乳児が 相談に来られた。 なんでも中耳炎が治らないので なんとかな...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/48

コメントする