梅雨・雨の日のだるさと糖質制限食(下)

梅雨・雨の日のだるさと糖質制限食(上)より続く。

最近、糖尿病患者さんに糖質制限食が静かなブームとなっています。
糖尿病ですから血糖値をできるだけ上げないようにする、
つまり炭水化物を極力減らすことを目的としたのが糖質制限食です。

火付け役は京都の高尾病院の江部康二先生です。
京都の高尾病院は重度アトピーと糖尿病の治療で有名な病院です。
ご自身も糖尿病で糖質制限食を実践されています。

私自身も、10才の時からの潰瘍の持病があって、
胃の手術を二回受けていますが、
そのために脾が弱いんです。

で、自分でもためしてみました。
これがすごぶる調子が良い

糖質制限食には、ほとんど炭水化物を取らない厳格なものから、
一食・二食分だけ炭水化物(特に主食のご飯・パン・パスタなど)を
減らすゆるやかなものまで、いろいろあります。

私は糖尿病じゃないので、ユルユル糖質制限食です。
主食を減らす、三食のうち、最低一食は主食を食べない。
おやつをできるだけ食べない。食べるとしたら、
甘いもの・炭水化物じゃないものを食べる。
こんな簡単なことだけで、
からだの重だるさが全然違うのです。

たとえば朝は、具だくさんの味噌汁と納豆・大根下ろし。
納豆の代わりに、ゆで卵やスクランブルエッグなどの、
卵料理に変えたりして、楽しんでいます。
昼や夜の主食のご飯は、女性か小学生の息子くらいの量です。

やりはじめて一ヶ月、今までと全然身体のおもさが違って、
すごぶるいいです。

身体のだるさを感じる方は、一度試してみられるといいです。
江部先生の監修で、レシピブックもいくつかでていますので、
参考にして、糖質制限食をためしてみてはいかがでしょうか?

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. 梅雨・雨のだるさ対策に生姜とニンニク
    梅雨のだるさを治すには?(上)と 梅雨のだるさを治すには?(下)で、 梅雨どきの...
  2. 梅雨・雨の日のだるさと糖質制限食(下)
    梅雨・雨の日のだるさと糖質制限食(上)より続く。 最近、糖尿病患者さんに糖質制限...
  3. 梅雨・雨の日のだるさと糖質制限食(上)
    梅雨や雨の日のだるさ対策の続きです。 梅雨や雨の日に、身体がだるくなるのは、 湿...
  4. 梅雨、からだのだるさ解消、ハトムギ茶
    前回の梅雨のだるさを治すには?(下) で、梅雨の「だるさ」対策にハトムギをご紹介...
  5. しつこい咳に龍角散?
    ここ数年、カゼをひいてそこそこ治ったものの、 咳が一ヶ月くらい止まらないことが起...
  6. ラードを乾燥肌に塗ってみる
    以前の記事で、ヤケドや傷に使われる漢方の軟膏、紫雲膏のことを取り上げた。成分は紫...
  7. 傷はぜったい消毒するな! 紫雲膏の巻(2)
    前回の記事に友人二人から感想をもらいました。 一人は本格的に格闘技をやっている友...
  8. 傷はぜったい消毒するな! 紫雲膏の巻
    今回は形成外科医の夏井睦先生の本『傷はぜったい消毒するな』という本を読んでいて思...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/83

コメントする