ヘルニア・脊柱管狭窄で手術を勧められたが・・・

肩から手先にかけて痺れて・・・
検査してもらったら脊柱管狭窄とかで手術を勧められました。
とか
お尻から足先にかけて痺れるので、
MRIを撮ってもらったら、大きなヘルニアがありました。
「手術しなさい」と言われたんですが。

こんな感じで当院に来られる患者さんがいらっしゃいます。

ヘルニアなんかの場合だと、硬膜外ブロックの注射を打つ、
というのが整形外科での定番ですが、効かないことが多いし、
注射針は鍼灸の鍼に比べてかなり太いので、
ごくまれに血腫ができて神経麻痺を起すこともあるようです。

しかし、この治療法に疑問を持っている医療従事者は多いはずです。
私のような鍼灸師・按摩マッサージ指圧師だけでなく、柔道整復師や
理学療法士など、実際に医師と連携を取って治療している医療従事者は、
脊柱管狭窄やヘルニアがそのままでも、適正な治療をすれば、
症状が無くなってしまうことが多々あるということを、
体験している人間は多いはずです。

治療のポイントは脊柱管狭窄やヘルニアのある付近にある、
異常な筋肉の緊張を緩めてやる、関節操作して靱帯を緩めてやる、
関連する神経のライン付近での異常な硬結を見つけたら緩めてやる、

これだけで、症状が改善することが多いんです。
トリガーポイントブロック療法というのがあって、
反応点に注射や鍼をして、異常な緊張を緩める治療法です。

他には中国医学的に、臓腑からの悪影響を調整してやる・・・
大半の患者さんは、これだけでかなり改善します。

あとは改善された状態がどれだけ維持できるかを、
個々に見ていき、適切な治療を重ねるだけです。
トリガーポイントブロックで腰痛は治る!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. ヘルニア・脊柱管狭窄で手術を勧められたが・・・
    肩から手先にかけて痺れて・・・ 検査してもらったら脊柱管狭窄とかで手術を勧められ...
  2. 腰痛でブロック注射、痛みが強くなった?
    長引いて治らない腰痛、整形外科でブロック注射・・・ というのはよくありますね。 ...
  3. 治りが遅い寝違い 原因は夜食かも
    大多数の寝違いは、ぎっくり腰の首版みたいなもので、 寝ているときの変な姿勢なんか...
  4. 昔の足首捻挫が痛む
    以前、足首捻挫の痛みが治らないって記事を書きました。 結構アクセスがあって、たく...
  5. 足首捻挫の痛みが治らない
    いつぞや、松葉杖をついた、 こんな患者さんが来院された。 3週間前に捻挫したんで...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/72

コメントする