暑さを押さえる酢の物を 夏の養生法3

夏の養生法、薬膳編その1。

薬膳の基本は漢方や鍼灸と同じで、
診察して食事のメニューを決めることが基本。

昔、中国の宮廷には食医とよばれる官職がありました。
今で言うと、内科医兼栄養士みたいな職業です。
皇帝やその家族の食事を決める職業だったので、
かなり高位の官職だったようです。

それはともかく、夏の薬膳は身体の熱を除く食材を使ったものが基本になります。
熱を除くので、きつい冷え症の人にはあまり向きませんが、
夏の暑いときに外に長時間いたときなんかは、
日焼けするし、身体は火照るしで、こんな状態なら
よほどの冷え症の人でない限り大丈夫でしょう。

身体を冷やす野菜といえば、
野菜だと、大根・キュウリ・茄子・冬瓜なんかが定番。
夏には安くで売っています。

そこでお勧めが、身体を冷やす発酵食品の酢を使った、なます。
正月のおせち料理によく作りますね。

私は五色なますを作ります。
使う食材は、ニンジン・大根・キュウリ・昆布の千切り・黒キクラゲ。
柚か干し柿を入れて、彩り良くしたいところですが、季節外れ。
大根・ニンジン・キュウリは身体を冷やす野菜。
昆布は味付け用・黒キクラゲ補腎用です。
香辛料を入れて、ピクルス風にしてもいいです。

詳しい作り方は、ネットで検索してくださいね。
ネットでは酢を使わないものも出てきますが、
酢を使ったものにした方が、清熱作用が強く、
保存も利くので便利です。

それから酢はいいものを使った方が、
まろやかにできておいしいです。

薬膳の本は一家に一冊、良いものを置いておくと良いでしょう。
お勧めは辰巳洋さんの本です。中国で専門に学ばれたので、
安心して読めます。

他に、プロ用のも出しておられます。

ウチの患者さんには、身体にあった食事は治療の中でお話させていただいてますが、
分からなければ、ご来院になったときに質問してくださいね。
患者さんでない方のメールや電話にはお答えできません。
治療を受けていらっしゃる方限定です。ゴメンナサイ。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学
関連記事
  1. 燥季(秋)の養生法(2)
    身体がほてりやすい人・暑がりの人は、 秋から冬にかけて調子が良くなります。 活動...
  2. 燥季(秋)の養生法(1)
    10月の後半になり、秋らしくすっかり涼しくなりました。 10月23日は二十四節気...
  3. 長夏(夏の終わり)から秋にかけての養生1
    夏の暑いときには熱を冷ますために 心肺を活発に動かせ、 皮膚を緩めて汗腺を開いて...
  4. 夏ばて:長夏(晩夏)の養生法2
    先日書いた長夏の養生法の続きです。 長夏の養生は、身体の熱を取るたべものや飲み物...
  5. 夏ばて:長夏(晩夏)の養生法1
    中国医学で長夏という言葉があります。 日本では秋のお彼岸のころから10月中旬まで...
  6. 色と季節と体調
    治療家やっていると、患者さんのいろいろな反応に目がいくようになる。 季節によっ...
  7. 熱中症対策2 夏の養生法6
    熱中症対策1 夏の養生法6 のつづき。 熱中症予防では、こまめな水分摂取が勧めら...
  8. 熱中症対策1 夏の養生法6
    熱中症で亡くなられたお年寄りが年々増えているというマスコミ報道がされています。 ...
  9. 日焼け 夏の養生法5
    中国医学を志す者が避けては通れない古典に『黄帝内経』があります。 現存するのは『...
  10. 暑苦しいときのざるそば 夏の養生法4
    夏の養生法、薬膳編その2。 夏の暑苦しいときに食欲低下、 消化の良いそうめんや、...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/92

コメントする