残暑でも身体は秋になっていく・・・

お盆直前、先々週に台風が来たときには、ずいぶん涼しくなって、
このまま涼しくなってくれたらいいなぁと思ってたんですが、
この一週間は猛暑復活で、関東では40度までいったところがあったとか。
体温より高いですね。


暦は立秋を越えましたが、なんで秋?とかって思われるかもしれませんが、
中国医学的に身体をみてみると、秋の気配を感じます。
夏には夏の、秋には秋の、自然に応じた体調になっていきます。

特に脉。本格的な中国伝統医学の治療を受けていらっしゃる方は
ご存じでしょうが、脉診を非常に重要視します。
脉(脈)は身体の状態を反映します。
その身体は、季節によって状態が変わっていきますので、
脈でそれを追って、季節に応じた身体をしているかどうかで、
体調の良し悪しを診るんですね。

それは一時的な天気に関係なく、いわば天体の運動を反映するのです。
天体の運動=暦ですね。

立秋を過ぎれば、人は秋の身体に変化していきます。
不思議なものです。

もっとも、ここまで脉診をできる人間はかなり限られています。
そういう治療家に出会えた方はラッキーですね。

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する

かしま鍼灸治療院
女性のための東洋医学

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.uraneta.com/mt5/mt-tb.cgi/108

コメントする