按摩マッサージ指圧・推拿


抜けない疲れ 胃腸の疲れは胃の気の推拿法で(下)

抜けない疲れ 胃腸の疲れは胃の気の推拿法で(上)のつづき。

胃の気の推拿法の特徴は、

・肌に直接やります(服の上からはやりません)。
・陰部や乳房以外、全身に対して行います。太ももの内側から鼠径部にかけてや、恥骨の上あたりの、ちょっときわどい部分へも施術します。
・加える圧の強さと、動かす早さが重要。

というわけで、羞恥心の強い方や、極度のくすぐったがり屋さんにはできません。
女性の方は、私を信頼していただいてないと、できません。

だから、初めての患者さんにはお勧めしていません。
なんどか鍼灸治療をうけていただいてからというのが基本です。

普通に仕事ができるような体力があれば、必要ない治療なので、
慢性病などでお困りの方を主な対象としてやっています。

あと、時間と手間がかかるので、鍼灸治療よりも値段を高く設定しています。


抜けない疲れ 胃腸の疲れは胃の気の推拿法で(上)


抜けない疲れ 胃腸の疲れは胃の気の推拿法で(上)

からだがだるくてしようがない。
マッサージ・漢方・鍼をやってみたけど効果がない・・・

こんな方がときどきいらっしゃいます。
診察・治療をしても

鍼灸や整体やっても、イマイチ反応が鈍い
漢方薬を飲んでいる割には体調に反映されていない・・・

みたいな方は、たまにいらっしゃいます。

こういうかたは、
胃腸がひどく疲れていて、
消化・吸収・代謝・排泄する力が著しく低下していてるんです。

消化・吸収・代謝・老廃物の排泄の働きを総称して、
「胃の気」と、中国医学は呼んでいます。

鍼灸治療に、よい反応を示してくれる患者さんは
この「胃の気」がまだ残っている患者さんです。
ひどい症状でも「胃の気」がかなりある方は、
改善する力がある方です。

病院で慢性疲労症候群(CFS)あるいは、その一歩手前みたいな
方は、「胃の気」が非常に低下しているので、
他に病気がなくても、日常生活さえ、しんどい・・・

こういう方に非常に効果があるのが、推拿による「胃の気治療」
推拿とは、中国式の按摩マッサージ指圧・整体のことです。
その推拿の特殊技法に「胃の気治療」というのがあります。

手を使って胃の気をダイレクトに動かしてやる方法です。
心臓が止まったときの心臓マッサージみたいなもんですね。
心臓マッサージは、ダイレクトに心臓を動かしてやるでしょう。

そんな感じで、胃の気をダイレクトに動かすのが「胃の気の推拿治療」です。

胃の気の推拿療法をするためには、
高度な中国医学理論と診察法・治療法が必要なので
推拿の中では、かなり難しい治療になります。
だからあまりやられていないようです。

推拿そのものの技術はさほど高度ではないのですが、
(はたからみていたら、普通の推拿と変わりなく見えるはず)
診察と治療法の組立方が難しいです。

胃の気の推拿治療をやってから、普通の治療をすると、
効きが、ぜんぜん違ってきます。

抜けない疲れ 胃腸の疲れは胃の気の推拿法で(下)


背骨のゆがみを治す!

整体やカイロプラクティックの治療院が、

背骨のゆがみを治す
骨盤のゆがみを治す
身体のゆがみを治す

なんてキャッチフレーズで、
患者さん集めをしていますね。
目にされた方も多いでしょう。

今回の裏ネタは

ゆがみ?
なにそれ?

です。

正常な背骨には身体の前後方向に、
生理的なカーブがあります。
このカーブが少ないことを専門的に
ストレート・バック(straight-back)
とよびます。「まっすぐ背骨」ですね。

ストレートバックの人は、
それが原因で胸痛や動悸なのどの症状が出やすい。
こういったのをストレートバック症候群(straight-back syndrome)
といいます。

他にも、肩こり・腰痛などが起きやすいです。

そういった症状は、関節の可動性をよくしてやる治療で軽減できますが、
まっすぐな背骨を、正常な生理的弯曲状態にすることはできません。

これが裏ネタその1。
まあ、これは「ゆがみ」には入りませんが、
念頭に置いておいてください。


背骨のゆがみといえば「脊柱側湾症」があります。
側弯ですから、脊柱が身体の左右に曲がる病気です。
過半数は原因不明です。
原因の分かっているものでも、整体・カイロ・鍼灸
では治せません。

ただし側弯によって生じる二次的症状、
肩こり・腰痛・神経痛なんかは、軽減が可能です。

これが裏ネタその2。

事故や、骨粗鬆症で背骨が骨折して、
骨そのものが変わってしまい背骨が歪むもの。
腰の曲がったおばあちゃんなんかですね。
これも治せません。
ですが、二次的に生じる症状の軽減はできます。
これが裏ネタその3.

裏ネタ1・2・3は、同じ構造ですね~

ようするに、上記のカーブのそのものの異常は、
手術でもしないかぎり治せません。
二次的な症状を緩和させることができるだけです。
身も蓋もない話ですが・・・

まあ、背骨にゆがみがあっても、
症状がなければ、それはそれでいいのではと思います。

つぎ。

筋肉のバランスが悪くて曲がっているもの。
これは治せます。左右・前後の筋肉のバランスを
調えてやれば。筋肉のバランスが崩れているのを
治す方法は筋トレ以外にありません。
治療家は筋肉のアンバランスを指摘して、
改善するための筋トレを、
患者さんに指導することしかできません。

これって治療家の仕事というより、
アスレチックトレーナーの仕事かも(笑)。
両方兼ねているのも、いいですけどね。
自分でできたら、治療家に治してもらうより
はるかに低コストですね~
ビンボ~な私ならまず自分でやってみます

これが裏ネタその4


「身体のゆがみ」に対してできる、
治療家らしいことといえば何か?
まあ、動きにくくなった関節を動かしやすくするくらいです。

動きにくくなった関節の状態を、
カイロプラクティックではサブラクセーションなんて
よんだりします。

関節一つ一つを意識化して、動きを細かく改善させる、
難度の高いヨーガ・気功・ストレッチなんかの
身体技法があります。

まあ、患者さんご自身が、こういったことをすると
治療家の仕事が減ります。

ただし、ちょっと難しいので、
習得するには才能と、良い先生が必要かも。
だから万人向けじゃないですね。
治療家が手でやることはできます。


鍼灸や推拿では、ツボや筋肉を刺激するだけで、
固くなった関節を動かしやすくすることもできます。
ちょっと難しいけどね~

カイロプラクティックで、
サブラクセーションとよんでいるやつの多くは、
その関節をいじらなくても、
動きを良くすることができます。

関節を直接いじった方が良い場合もありますが、
これはカイロや整体だけでなく、鍼灸の知識も必要ですね。
カイロにも中国医学の考え方を取り入れた高等テクニックもあります。

あと、内臓の状態が骨格に反映している場合があります。
たとえば猫背の人のほとんどは呼吸が浅い。
カイロや整体の人にいわせると、背骨をまっすぐに
してやれば、深い呼吸ができるようになると言うかもしれませんが、
中国医学で言う肺や腎の治療をしっかりしてやる必要がある。

骨格を調整してやることによって、
内臓の状態がよくなる症例のほとんどは、
中国医学でいう気滞です。
気の流れが悪くなって滞っているという意味です。

もともと体力のある人なら、
骨格の調整をして内臓の状態の改善に反映することは
さほど難しくないですが、
虚弱な人ではかなり難しいですね。
手だけでやるのなら、かなりハイレベルのテクニックが必要です。
まあ、そういうことができる人はほとんどいないです。

たまに天才的な人がいるんですけど、そういう人は
手技療法専門家のうち、1%もいないでしょう。
患者さんがそういう治療家に出会うのは、
宝くじで1000万当たるのに近い確率じゃないかな?

でもどっちかというと鍼灸の得意分野です。
でもできる人はやはり少ない。
でも手技療法家よりは多いかと思います。

まあ、ウチの治療院で試してみてください。

というオチで・・・


医療推拿ってなんですか?

医療推拿は当院でやっている推拿療法のことです。
推拿とは中国式の按摩マッサージ指圧に整体を加えたようなものと
思っていただいていいかと思います。

推拿は中国の中医薬大学でも専門課程があり、
主として整形外科系の症状を治療対象としてます。
流儀はいくつかあります。

医療推拿はベーネ治療院グループで行っている推拿の流儀で、
中国古式流派に属します。、
日本ではベーネ治療院グループだけでしかやっておりません。
基本的には理論や診察は鍼や漢方と同じで、それを手でやるだけです。
鍼や漢方と同じ効果を出すのを目的にしていますので、「医療」「治療」を
前面に押し出している流儀です。

行っている手技を見ていると、一般の按摩・マッサージ・指圧
と似ているので、同じようなものかと思われてしまうかもしれません。
しかし、背景にある理論が全然違い、その理論にそって手技を行っているので、
同じような動作でも効果が違ってきます。

たとえば母指でツボを押していても、
どの深さを押すか、熱を抜く、冷えを抜く、
熱を入れる、気の流れを良くする・・・等々
目的応じて、微妙な操作を行います。

そのときどきの患者さんの体調に合わせて
治療を組み立てるので、毎回毎回違った治療に
なります。時間も早く済むときもあれば、
時間がかかるときもあります。


医療推拿を受けられたい方は、当院もしくはベーネ治療院グループへご連絡ください。
ただし、推拿はやっていないこともありますので、リンク先の
治療院にお問い合わせください。

専門家向けに、医療推拿の講習会もやっていますので、
専門家で、関心のある方は、ご連絡ください。


効果的なマッサージは何ですか?

効果的なマッサージは何ですか?
こういったこともよく聞かれます。
アロママッサージ
オイルマッサージ
リンパマッサージ
リフレクソロジー
タイ古式マッサージ
台湾式マッサージ
クイックマッサージ
ロミロミマッサージ
マッサージで検索すればいろいろ出てきますね。 按摩・指圧・推拿・・・なんかも 含んで良いかと思います。

「効果的」というと、なにかの治療を求めているんでしょうか?

ただ、リラックスしたいとか、気持ちいいのがよい
だったらなんでもいいと思いますが、
何か病気や怪我の治療を求めていらっしゃるのでしたら、
治療系のマッサージでしょうね。

見分けるのは、なかなか難しいですが、
クイックマッサージみたいなエステ風の店構えでなく、
治療を前面に押し出しているところを選びましょう。
こういうところは店構えが、あまりオシャレでない。
治療する先生も、院長ひとりか、補助するお弟子さんが
数人みたいなところですね。

料金は一律いくらで、時間で区切ってないところです。

最大のポイントは、どれだけ診察を丁寧にするかという点と、
どれだけ治療を簡潔に済ますのかという点です。
誰にでも、あるいは毎回、同じような手順でやっているところ
は治療目的のところではありません。

治療目的のところは、一つ一つの手技が、どのように
体に影響を与えるかを確認しながら治療が進んでいきます。

マッサージは本来、按摩マッサージ指圧師免許を持っていないと
できないということになっています。免許の有無も判断の目安の
ひとつにはなります。

しかし、免許を持っていても慰安マッサージしかしていないところも
たくさんあり、素人の方には治療系のところを見つけるのが
難しいかもしれません。