不妊・産婦人科の裏ネタ

不妊専門鍼灸?(3)

不妊専門鍼灸?(2)<<

さらに「裏ネタその3」というのがあって、
(私が書きながら勝手に考えたものだが)、

中国医学的観点から、体調を調える治療
がある程度できる鍼灸師がどれだけいるのか?

ということだ。どれだけ広く深くできるかは
置いておいても、そういう治療を目指している
鍼灸師は1割もいれば多いくらいではないか?
さらに、ある程度できる人が全体の何パーセントか?

まあ、不妊治療専門の鍼灸院のHPを
いろいろ見て欲しい。

ほとんどのHPは、西洋医学的な面で
いろいろ書いてあっても、中国医学
独特の理論にもとづく説明をしている
ところはほとんどない。

ということは、難しいので書いてないか、
知らないということだ。

書いてあっても、

肝気鬱結なら、××のツボを使う
腎陽虚なら、××
脾陽虚なら、××
湿熱なら、××

みたいな対処療法的な記述がほとんどだ。

中国医学的に見て、からだ全体を調えるのは
極めて難しい。

中国医学といっても、いろんな流儀があり、
一般化することはできないのだが、

どういう人体観にもとづいているか?
病因・病理は?
それを診察する技術は?
診察結果から、治療目的を実現する技術は?
こういったことを、治療の一貫した流れとして 実現できている鍼灸師はほとんどいない、

というのが現実であろう。

まとめてみよう。

不妊専門の治療というのはない。
身体全体を調えるのが中国医学の本道。
ただしそれを目指している鍼灸師はまれである。
さらに実現できている鍼灸師はもっと少ない。
不妊専門の治療院の実際は、技術以外の部分が大きな要素を占める。

まあ、こんなところではなかろうか。


不妊専門鍼灸?(2)<<


不妊専門鍼灸?(2)

不妊専門鍼灸?(1)<<  >>不妊専門鍼灸?(3)


じゃあ、不妊専門治療院と、それ以外の治療院は
なにが違うのか?

女性受けするようなエステサロンのような内装であったり、
個室になっていてプライベートが守られていたり、
院長先生やスタッフが女性であったり・・・

それは治療全体の上で重要なことだが、
治療技術そのものではない。

技術といえば、まず考えられるのが、
西洋医学の婦人科・不妊治療の知識。
西洋医学でも極度に専門家され、
産婦人科と不妊科はもはや違う分野になってしまったと
産婦人科医に聞いたことがある。

不妊専門の鍼灸院は、不妊専門の医学知識を、
専門に扱っていない治療院よりは持っている、
ということになる。

でもこれは中国医学の、あるいは鍼灸そのものの
技術問題ではない。

ただし、これはこれで、結構重要な問題ではある。

30代後半になると、
時間的余裕があまりないので、
西洋医学の不妊治療と併用ということになる。

そうしたら、それに合わせてどう治療していくか?
というのは専門的な治療になる。

たとえば、
ホルモン系統の薬を服用している女性の治療で、
副作用が出る場合がある。

副作用といっても、医者が無視するレベルの
ものだが、中国医学的に診ていくと
調えた方が良いだろうというレベルの話だ。

人工受精や体外受精をする場合、
その前後でどういう鍼灸治療をすれば
より成功率が高まるか、
という技術はある。

しかし、これとて
女性の生理周期を調えたり、体調を調えたり
するものの変化球みたいなものだ。

これをもって、

不妊専門の治療技術

というのは、ちょっと誇大広告かもしれない。
これが「裏ネタその2」。

不妊専門鍼灸?(1)<<  >>不妊専門鍼灸?(3)


不妊専門鍼灸?(1)

ネットで鍼灸院を検索していると、
不妊専門をうたっているところがある。

不妊が別のものに変わっていてもいい。

××専門ってなんや?

ってのが、今回の話。

肩こり・腰痛・外傷の後遺症なんかの
整形外科系の治療なんてのは、
自費の鍼灸院ならできて当たり前だ。
だから、そういう疾患名を前面に出しても
他院との差別化はあまりできない。

広告用のキャッチフレーズとしては弱いということだ。

ということで、専門分野。
不妊を押し出すところは多い。

でもねぇ、鍼灸の治療技術そのものを考えると、
西洋医学のように、人間の生理状態を選択的に(意識的に)
コントロールすることはできない。

たとえば、意図的に卵子の発育を促したり、
子宮内膜を厚くしたり、××ホルモンの分泌を
促したりはできない。

できるのは、冷えを改善したり、子宮の緊張や熱を
とってやったり、気分をすっきりさせたりするだけだ。

いわば、体を中国医学的な生理学・病因・病理学から、
アプローチできるだけだ。
専門的には臓腑経絡の状態を調えるとでも言ったらいいだろう。
それは西洋医学の不妊治療よりもっとメタな
レベルからのコントロールだな。

不妊の特別な治療といえば、女性の生理周期を
調える治療くらいなものだ。
これとて、別に不妊に限定しているのではなく、
生理周期は女性の健康のバロメーターなんで、
生理がある女性の治療なら、
かならず考慮に入れる治療だ。

専門書を読んでいると、不妊に関係する
記述がたくさん出てくるが、よく分析してみると、
結局は臓腑経絡を調えるところにいきついていることがわかる。
書物では、それを不妊にまつわるいろんな
症状と結びつけているだけだ。

ということは、不妊治療といっても
「不妊専用の特別な治療があるわけではない」
というのが、鍼灸の不妊治療の「裏ネタその1」。

>>不妊専門鍼灸?(2)