整形外科の裏ネタ


ヘルニア・脊柱管狭窄で手術を勧められたが・・・

肩から手先にかけて痺れて・・・
検査してもらったら脊柱管狭窄とかで手術を勧められました。
とか
お尻から足先にかけて痺れるので、
MRIを撮ってもらったら、大きなヘルニアがありました。
「手術しなさい」と言われたんですが。

こんな感じで当院に来られる患者さんがいらっしゃいます。

ヘルニアなんかの場合だと、硬膜外ブロックの注射を打つ、
というのが整形外科での定番ですが、効かないことが多いし、
注射針は鍼灸の鍼に比べてかなり太いので、
ごくまれに血腫ができて神経麻痺を起すこともあるようです。

しかし、この治療法に疑問を持っている医療従事者は多いはずです。
私のような鍼灸師・按摩マッサージ指圧師だけでなく、柔道整復師や
理学療法士など、実際に医師と連携を取って治療している医療従事者は、
脊柱管狭窄やヘルニアがそのままでも、適正な治療をすれば、
症状が無くなってしまうことが多々あるということを、
体験している人間は多いはずです。

治療のポイントは脊柱管狭窄やヘルニアのある付近にある、
異常な筋肉の緊張を緩めてやる、関節操作して靱帯を緩めてやる、
関連する神経のライン付近での異常な硬結を見つけたら緩めてやる、

これだけで、症状が改善することが多いんです。
トリガーポイントブロック療法というのがあって、
反応点に注射や鍼をして、異常な緊張を緩める治療法です。

他には中国医学的に、臓腑からの悪影響を調整してやる・・・
大半の患者さんは、これだけでかなり改善します。

あとは改善された状態がどれだけ維持できるかを、
個々に見ていき、適切な治療を重ねるだけです。
トリガーポイントブロックで腰痛は治る!


腰痛でブロック注射、痛みが強くなった?

長引いて治らない腰痛、整形外科でブロック注射・・・
というのはよくありますね。

腕の良いドクターなら一発でばっちり治ったりします。
が、しかし、ドクターの腕が悪かったり、患者さんの体調なんかで
かえってひどくなるケースもあります。

注射針は鍼灸の鍼に比べてだいぶ太いので、
刺したときの痛みで、筋肉や靱帯が異常に緊張する、炎症が起きる・・・
なんてこともたまにあります。
で、それがなかなか治らない・・・
たまにありますね。こんなの。

じゃあどうするか?
緊張している筋肉を緩める、腰や骨盤の関節を操作して緩める・・・
なんてことをするわけですが、
カイロや整体、オステオパシーなんかの治療院でもやりますね。

うちは伝承中国医学を標榜しているので、やり方がちょっと違います。
経絡や臓腑の治療を経由して筋肉や背骨・骨盤にアプローチします。
腕や足の甲なんかのツボを一ヶ所・二ヶ所使って緩めたり・・・

先生!腰の治療してぇなぁ!

って言われたりして。
そういう方には、

ほら!立って、動かしてみぃな。。

と患者さんに言います。
患者さんは、

。。。。。痛みが減ってる。。。

まあ、こんな感じで、患者さんを煙に巻いて治療していくのが
ウチ流のやり方です。

腰痛は〈怒り〉である普及版


治りが遅い寝違い 原因は夜食かも

大多数の寝違いは、ぎっくり腰の首版みたいなもので、
寝ているときの変な姿勢なんかで、筋膜や筋肉を痛めたものです。
通常は一回の治療で良くなりますし、放っておいても一週間もすれば
症状が取れてしまうことがほとんどです。

治りにくいのは、ヘルニアなのどの頚椎症か、脊柱管狭窄症があって、
その症状が、寝違いをきっかけに出てきたのかもしれません。
ただし、ヘルニアが脊柱管狭窄が、首の痛みや、上肢のしびれに
どれだけ関係しているか?なんて議論もあります。
その場合の寝違いは、ここでは触れません。

今回の裏ネタは、ちょっと違う視点で書いてみたいと思います。

中国医学では胃腸の働き具合を診るのが基本にあるんですが、
寝違いでしばしば見かけるのが、

夜食による寝違い

残業しているサラリーマンに多いんですが、
夜の10時、11時に家に帰ってから食事をする。
それから風呂に入って、すぐに寝る・・・

こういう生活を続けていると、
肩胛骨のあいだから首にかけての凝りがひどくなります。
充分に消化・吸収・代謝するまえに寝てしまうので、
処理できなくて、どこかで詰まってしまうんですね。
中国医学では食積といいます。

夜食が理由で寝違いになったとき、
放っておいても取れにくいです。
こういったときは、食積の治療をして
胃腸の働きを改善させてやります。

そうすると・・・
これだけで、かなり改善するでしょうね。
それも一回、ないし二回で。

ところが、食積なのに首・肩ばかり触る治療だと、
なかなか治りません。


昔の足首捻挫が痛む

以前、足首捻挫の痛みが治らないって記事を書きました。

結構アクセスがあって、たくさんの方に読んでいただけたようです。
ありがとうございます。
鍼灸は接骨院や整形外科とは違ったアプローチが可能なので、
治りにくかったのが、案外早くよくなることがあります。

前回は急性期の治療でしたが、今回は、

昔の足首捻挫が痛む~!

ことについてです。

何年も前に捻挫した部位が痛む・・・
という方は結構いらっしゃいます。
特にスポーツや交通事故などでひどい捻挫をされた方は、
靱帯が緩んでいて、関節がしっかり固定されず、
そこがぐらぐらして痛みが出やすくなるっていう
パターンがありますね。
まあこれは、理学療法士や柔道整復師でも対応でできる範囲。
というか、彼らの方が専門家・・・のはず。

鍼灸の場合は、反対側の足首を見たりもします。
そしてここに鍼をすると、

あら、不思議・・・

まあ、これが反対側の足首でなく、
手であったり、面白いんですよ・・・
患者さんが不思議がったりして。

あと、前線が近づいてくると痛むというのがある。
湿度や気圧が関係している。
それから、胃腸の影響が反映して痛むというのがある。
こあたりは、鍼灸・推拿など中国医学の独断場。
胃腸を調えるので、ちょいと難しい治療になります。
鍼灸専門で、それもかなり中国医学を学んだ人でないと
できないです。

足首の痛みと関連のある胃腸の具合を治すと、
昔の足首捻挫の痛みが、劇的に改善することも多いです。

鍼灸治療を試されたことがない方は、一度どうぞ。

[PR]スポーツ鍼灸の実際


足首捻挫の痛みが治らない

いつぞや、松葉杖をついた、
こんな患者さんが来院された。

3週間前に捻挫したんですが、
痛みが全然治らないんです。
お医者さんはレントゲンでは問題ない
というんですが歩くのもつらいんです・・・

触診してみると、ちょっと腫れている。
足首の捻挫というと、
外側の踝(くるぶし)から、斜め下についている
靱帯を痛めること多い。
たしかに、そこも痛めたようだが、
強く痛む部位は、もう少し足の甲の前よりだ。
私は、ちょっとピン!ときた。

足の甲にはいくつか骨があり、
捻挫で骨と骨との接合部、
つまり関節を痛めることがある。
だからひとつひとつ関節をチェックしてみる。

外側楔状骨が立方骨・舟状骨に対して
ほんの少し亜脱臼していて、動きにくくなっている。
そこで少し動かしてもとへもどした。

ちょっと立って動かしてみてください。
患者さんにそう指示すると
あれ?かなり痛みが減りました。 これくらいなら松葉杖なしで歩けます!

もう一度触診した。
まだ腫れが少しある。
腫れているライン状の趾の先
から三稜鍼で一滴、血を出した。
刺絡療法とよばれる鍼治療法の一種だ。
少し腫れがひいたのでもう一度、
立たせてみた。

痛いけど、 さらに痛みが減りました!
[PR]刺絡聞見録

テーピングをして明日また来るように指示した。

外傷はあまり来ない鍼灸院とはいえ、
以上のような例はたまにある。
ほとんどの整形外科医は、
レントゲン・MRI・エコーなどで
患部を検査して異常が見つからなければ、
関節の細かい可動性など見ることはほとんどない。

そうやって痛みが取れない患者さんが
ウチにまわってくる。
画像診断で問題なしで来られたのなら
安心して治療できるし、
湿布や電気をあててマッサージ、
みたいな治療よりはるかに早く治る。

すぐに治るので、
あんまりお金にはならないけど、
簡単でいい。

[PR]:鍼灸の挑戦